【10/6 銚子・旭周回コース】

2201808181842180.png
全国のサイクリストを千葉県の北総エリアに迎え、関東最大級のサイクリングイベント「ツール・ド・ちば2018」が今年も開催されます。日程は10月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)の3日間です!

⇒「スポーツエントリー」で参加受付中

★<Stage-1>徹底解剖!!

2201808181755440.png
さて、走行距離は3日間合計約254km。大会1日目は銚子・旭周回コース。2日目は銚子から成田へ。そして、3日目は成田から銚子に帰ってきます。

3日間満喫するもよし、各Stageを1日のみ参加するもよし。

このページでは、距離も68kmと初級者が走りやすい大会1日目(Stage-1)の銚子・旭周回コースをご紹介します!!

▼スタート&ゴールは「銚子スポーツタウン」だ!

2201808181127060.png
「ツルちば」のスタート&ゴール会場になっている「銚子スポーツタウン(銚子市野尻町1600)」は、運動場・体育館、室内練習場・宿泊施設などを備えたリゾート合宿施設です。廃校をリノベーションしたことでも話題になっています。

10月6日当日、会場受付は午前8時から、スタートは午前10時半からです。

都内からは、JRの自転車専用列車「B.B.BASE」運行も決定。スタート会場最寄りの椎柴駅まで一気に運んでくれます。

⇒ツルちばに合わせ「B.B.BASE」運行が決定!

さあ、出発しましょう!!

▼漁船ずらり!圧巻の「銚子漁港」

2201808181130520.png
スタートすると、コースはほどなく利根川沿いへ。やがて、7年連続日本一の水揚げ量をほこる銚子漁港が広がります。

ずらりと漁船が停泊している様子を眺めながらのライドは、銚子ならではの体験ですね。潮風が気持ちいい♪

▼「犬吠埼ホテル」の足湯でホッ♪

2201808181141110.png
利根川河口を離れ、太平洋に突き出す銚子半島最東端の犬吠埼へと向かいます。

すぐ手前の犬吠埼ホテルでは足湯を無料開放しています。見渡す限りの海、そして白亜の犬吠埼灯台を眺めながらリラックス…。

いやいや、まだ「ツルちば」は始まったばかりです!

▼「銚子電鉄」車両と対面も!? 急な登り出現

2201808181132310.png
ユニークな駅名や「まずい棒」の販売で話題の銚子電鉄。

運が良ければ「犬吠駅」前の踏切地点で、かわいい車両とご対面できるかも♪

ここからエイドステーション「地球の丸く見える丘展望館」までの約3kmは、急な上りが待っています。

▼銚子はサイクリストにやさしいんです

2201808181226240.png
銚子市内の公共施設や飲食店などいたるところには、サイクルラックが整備されています。

NPO法人銚子スポーツコミュニティーでは「ラン&サイクルステーション」として市内35箇所にサイクルラックを設置しているのです。http://www.choshi-sports.comで設置場所が確認できます。

▼エイドステーション「地球の丸く見える丘展望館」で舌鼓

2201808181811080.png
休憩所として、各Stageには約20kmおきにエイドステーション(AS)が設けられています。

Stage-1昼食会場となるASは「地球の丸く見える丘展望館」です。

地元の食材を使用した食事を満喫したあとは、展望塔の屋上に上がって雄大な景色を堪能しよう。まさに、地球が丸いことが実感できますよ。※展望館内の自転車の持ち込みはできません。

▼各エイドステーションでは地元名産品でおもてなし

2201808181222210.png
休憩所として約20kmおきに設けられているエイドステーション(AS)。

昼食場所の「地球の丸く見える丘展望館」を過ぎたら、「いいおかユートピアセンター(旭市)」「ワールドハウス本社(匝瑳市)」と続きます。

ASでは、軽食などの補給が受けられるほか、地元名産品などを用意しており、地域の皆さんらが参加者をもてなしてくれます。これも「ツール・ド・ちば」の大きな楽しみの一つですね。

★ゴール!「銚子スポーツタウン」では中夜祭を開催!!

2201808181233240.png
「銚子スポーツタウン特設会場」に戻ってゴール!!68kmお疲れさまでした。

会場ではバーベキューイベント「中夜祭」が始まりますよ。ゴールした参加者から順次、参加しましょう(※別料金です。エントリーはこちらから)

「ツール・ド・ちば2018」PR大使の吉木りささん、ゲストサイクリストとして一緒に走る元AKB48小嶋菜月さんも「中夜祭」まで参加してくれますよ。一緒に楽しみましょう!

⇒PR大使に吉木りささん、ゲストサイクリストに小嶋菜月さん!

★そのまま銚子スポーツタウンに泊まっちゃおう

2201808181239040.png
「銚子スポーツタウン」は、宿泊施設が直結しているのも特長のひとつ。

宿泊費を抑えるために、シンプルながら機能的な宿泊棟は、冷暖房完備で快適な空間。チームメイトやほかの参加者たちと交流も深めながら、練習で疲れた体を休めることができます。

翌日Stage-2にも参加するなら、中夜祭でお腹を満たし、銚子スポーツタウンにそのまま泊まるのがスマート。もちろん、市内のホテルでゆったり過ごすのもおすすめです。
2201808181815500.png
宿泊は、「ツール・ド・ちば」のエントリーとは別に申し込みが必要です。「銚子スポーツタウン」に泊まる場合は、10月6日の「旅館B」を選んでください。

⇒宿泊プランの案内ページ

「北総の魅力を味わい尽くすロングライド」

2201808181735250.png
初心者の方には、今回ご紹介したStage-1の1日参加がおすすめです。

ただ、「ツルちば」の真骨頂はロングライド。経験者の皆さんは、ぜひ、2日間コースもしくは3日間コースで、北総の魅力を味わい尽くしちゃってください!

⇒詳しくは「ツール・ド・ちば2018」公式サイトへ