ちばとぴ!タウン
ちばとぴ!タウン
2201808141600140.jpg

船橋舞台「きらきら眼鏡」熱い思い語り合う 森沢明夫さん、犬童一利監督、大木武士さんが3者対談

船橋市を舞台にした市民参加型映画として注目されている「きらきら眼鏡」の9月7日の公開を前に、原作者の森沢明夫さん(48)、犬童一利監督(32)、映画製作を支えた市民グループの代表、大木武士さん(44)による特別対談が、船橋市の石井食品本社で開かれました。

3人は映画製作に携わったこの2年間を振り返り、作品に込めた熱い思いを語り合いました!
映画『きらきら眼鏡』の応援バッジが登場
ちばとぴ!編集部
№108 - 2018/8/14
  146
ログインしてコメントしよう!
 新規アカウント登録     ログイン

シェア ツイート 送る

おすすめのブログ

もっと見る