ちばとぴ!タウン
ちばとぴ!タウン
足のケアセンター船橋
足のケアセンター船橋
2023/9/15  -  №12693   172
1163202309150902220.png

【外反母趾.足育をはじめとした足の悩みの専門院 西船橋1分】足はありし日のまま 合わない靴を履くことの弊害

いつもご覧いただき、ありがとうございます。足のことばかり書いてますが、楽しんでいってください。

合わない靴を履いていると、足の趾が変形します。そして・・・
①イライラ
②疲れ
③よくつまづく

などの弊害がみられます。

足の裏は小さな石粒があっても気になるくらい敏感ですが、足先(趾先)は脳から一番遠い為、神経の感覚が鈍いです。足の趾先が靴に当たっていても麻痺してしまい、本人も分かりにくいです。

すると靴の形に、趾が合わせてしまいます。無意識に合わせようとするため、気づきません。
これは、パパとママが気にしてあげることが一番です。

3歳未満でしたら、3か月に1回。3歳以上は少なくとも半年に1回は靴を新調してあげてください。
お兄ちゃんお姉ちゃんのお古はダメですよ!

足育(そくいく)は足を育てて健康寿命を延ばす、子供達へのプレゼントです。
子供達の明るい将来を願って・・・!!今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
1
ログインしてコメントしよう!
 新規アカウント登録     ログイン

シェア ポスト 送る