ちばとぴ!タウン
ちばとぴ!タウン
足のケアセンター船橋
足のケアセンター船橋
2023/11/17  -  №13181   162
1163202311171008150.png

【外反母趾.足育をはじめとした足の悩みの専門院 西船橋1分】外反母趾の方はタコやウオノメができやすい理由とは

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
足にまつわるお話を日替わりでお届けしています。皆様の健康のお役に立てていただけたら嬉しいです。

外反母趾の方は、タコやウオノメができやすいです。
なぜなら地面からの圧力が、足全体にかからずに狭い範囲でかかるからです。

通常は親指から小指にかけて
弧を描いて(横アーチ)クッションがきくようになっています。
外反母趾になると、足の指の付け根が「平」になり、そのクッション機能が効かなくなります。

ダイレクトに足の裏(ゆびの付け根辺り)に地面が当たります。
特に人差し指のところに、タコやウオノメはできやすいです。

改善策としては、
足の前側で踏み込まない歩き方をすればいいのです。

タコやウオノメで悩んでいらっしゃる方は、試しに足踏みしてから歩いてみてください。
それだけで減弱します。(歩く条件にもよりますが・・・)

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
1
ログインしてコメントしよう!
 新規アカウント登録     ログイン

シェア ポスト 送る