ちばとぴ!タウン
ちばとぴ!タウン
足のケアセンター船橋
足のケアセンター船橋
2023/11/20  -  №13192   152
1163202311200832420.png

【外反母趾.足育をはじめとした足の悩みの専門院 西船橋1分】お散歩して足(脚)の筋力キープしましょう!

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
足にまつわるお話を日替わりでお届けしています。皆様の健康のお役に立てていただけたら嬉しいです。

歳を重ね、最近よくつまづく、ふらつく・・・という方は多いと思います。
まず確認して欲しいことは

①足に外反母趾などの変形や、ウオノメやタコが出来ていませんか??
②歩いてますか??

①50歳を過ぎると足の形が変わることが多いです。ということは歩き方も変わります。
いやいや、私は・・・、俺は大丈夫。と思っている方は要注意!!その変化は少しづつ進んでいきます。

足の形が変わるということは、足部分がグラグラになるということです。つまりバランスをとりづらい。脚の筋肉や体でそのバランスを調整しますので、他の部分に症状が出やすくなります。

②50歳を過ぎると(50歳の方、何度もすみません💦)筋力が低下します。これは仕方のないことです。そのまま右肩下がりに筋力は落ちていきますので、歩く際に足を前に出した時のふらつきを支えられなくなります。

すると少しづつ左右の足の幅が広くなってきます。その結果高齢になった時に、ペタペタ左右の足を広げて歩くようになってしまいます。そしてスネの筋肉も低下し、つまづきやすくなってしまいます。

筋トレまでやらなくてもいいと思いますが、歩ける所はしっかり歩いて筋力を少しでも維持することが重要です。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
素敵な1週間をお過ごしください!
1
ログインしてコメントしよう!
 新規アカウント登録     ログイン

シェア ポスト 送る