ちばとぴ!タウン
ちばとぴ!タウン
銚子地域猫会
銚子地域猫会
2020/10/11  -  №5259   788
74020201011195948.jpg

失われる命があること

以前、生活環境課の方と話していた野良猫・飼い猫に関する記事が、2020年10月の広報銚子に掲載されています。飼い猫に関しては、室内で飼い、必要に応じて不妊・去勢手術を行うこと、野良猫に関しては無責任にエサを与えないことと記載されています。また、令和元年度の市内道路上での動物の死骸回収件数についても掲載されています。銚子は犬10件、猫649件、その他115件。近隣、旭市は犬2件、猫142件、その他30件。匝瑳市は犬3件、猫227件、その他127件となっており、銚子市の猫の件数が近隣他市の3~5倍程度多いことがわかります。

この記事で考えたいのは、外の環境下で生まれても事故や病気で失われていく命があるということです。飢えに苦しんではかわいそうとの思いから野良猫にエサを与える方もいると思います。外でのびのびと過ごす野良猫に癒やしを感じている方もいると思います。しかしその裏では、多くの子猫が生まれては交通事故で死んでしまったり、大きくなっても自然災害や病気の末に死んでしまったり、心ない人に傷つけられて死んでしまったりする事実があることを知るべきです。事実を知った上で、何をしていくべきか考えるべきです。

飼い猫に関しては、外に出さないこと。事故や病気、虐待を避けるためにも、ご近所さんへ迷惑をかけないためにも室内で飼うことが大切です。野良猫に関しては、増やさないために地域での話し合いのもと、不妊去勢手術を進めることで、少しずつ数を減らしていくことができます。「エサだけ」を与え、不妊去勢手術をしなければ、子猫が増え、事故に遭う件数を増やしてしまうだけです。地域には、猫が嫌いな人も好きな人も無関心な人もいますから、すぐに全体の理解を得ることは難しいと思います。しかし、野良猫のためを思うなら、地域で困り感を共有し、負担が誰かに偏らないよう協力し合って、地域猫活動へ踏み出すことを考えてみませんか?

(10/12追記)グッズ購入として600円の温かいご支援をいただきました。ありがとうございます。

(10/18追記)グッズ購入として1400円、募金として227円の温かいご支援をいただきました。先週からマカレアさん【https://hawaiiancafe-makalea2014.storeinfo.jp/】に募金箱とチラシを置かせていただきました。チラシをきっかけに、自分の地域に目を向け、野良猫によるトラブルに気づいて、自分に何ができるか考え、行動される方が増えていけばと思います。

(10/25追記)グッズ購入として2800円、募金として158円の温かいご支援をいただきました。ありがとうございます。

(11/3追記)グッズ購入として1200円の温かいご支援をいただきました。ありがとうございます。

(11/15追記)グッズ購入として700円の温かいご支援をいただきました。ありがとうございます。

(11/23追記)グッズ購入として1900円、募金として1095円の温かいご支援をいただきました。ありがとうございます。

(12/6追記)グッズ購入として1700円の温かいご支援をいただきました。ありがとうございます。

(12/13追記)グッズ購入として1000円の温かいご支援をいただきました。ありがとうございます。

(12/19追記)グッズ購入として2800円、募金として1002円の温かいご支援をいただきました。ありがとうございます。

(12/20追記)グッズ購入として1200円、募金として2606円の温かいご支援をいただきました。ありがとうございます。

(1/20追記)グッズ購入として2200円、募金として511円の温かいご支援をいただきました。ありがとうございます。
個人 銚子
ログインしてコメントしよう!
 新規アカウント登録     ログイン

シェア ツイート 送る