ちばとぴ!タウン
ちばとぴ!タウン

築129年の古民家を改修 「古民家宿るうふ 杉之家」オープン 山武

  1508
  2021/7/29
シェア ツイート 送る

 古民家一棟貸し宿を運営する「るうふ」は、山武市松尾町にある築129年の古民家を改修し「稲田に囲まれた杉の古里の宿」として8月上旬に「るうふ 杉之家」をオープンします。
 古民家宿るうふは、山梨を拠点に築100年前後の古民家を改修し、一棟貸しの宿を5棟運営しています。今回、県内に初進出します。各宿ごとに異なる〝火の体験〟〝時の体験〟〝土地の体験〟ができるのが特徴です。各地域や家に残る歴史を深堀りし、その土地ならではの体験ができる体験型宿泊施設となっています。
2202107291744070.jpg
 室内は、日本家屋らしい続き間の空間。先祖代々、山武郡旧豊岡村の豪農の家系が大切に残してきた生活文化財です。壮重な空間は現代にも受け継がれています。
2202107291749220.jpg
 古くから育てられてきた「サンブスギ」を使った自分だけの箸作り体験が可能です。子どもも参加することができ、作った箸で夕食も食べられます。
2202107291749360.jpg
 体験の後は県内で獲れたの魚介をふんだんに使った夕食を用意しています。屋内の囲炉裏テーブルで、炭火で焼いて食べることが可能です。浜焼きを贅沢な空間で堪能できます。
2202107291751300.jpg
 日が暮れると、山武の田園風景を楽しみながら「焚き火」ができます。自分たちだけの空間で火を囲みながら話すという田舎暮らしの時間をぜひ「るうふ」で体験してみてはいかがでしょうか?
2202107291751450.jpg
2202107291751520.jpg
施設名:古民家宿るうふ 杉之家
所在地:千葉県山武市松尾町古和608
アクセス:総武線「松尾駅」からタクシーで15分
人数:最大8名までご宿泊可能
電話:055(288)9016
ちばとぴ!編集部
ちばとぴ!編集部
「ちばとぴ!タウン」事務局の千葉日報社ちばとぴ!編集部です。 当サイト全体の管理のほか、 ◆公式チャンネルホルダーの皆さんと千葉のポジ...
プロフィールや他の投稿を見る
このニュース記事をお気に入り登録:

シェア ツイート 送る

他のニュース記事

チバテレ「市町村てくてく散歩」に我孫子市が登場!声優のもものはるなさんが我孫子市の魅力的な散歩コースを巡る 9月3日(金)22時から

2021/9/2    361 1

投稿写真ギャラリー7月<1>【ちばとぴ!フォト部】

2019/7/4    1008

地元産ポーク満喫ランチ「上総食材カフカ」 木更津市

2020/9/15    1938 1