ちばとぴ!タウン
ちばとぴ!タウン

海浜幕張駅前に屋台横丁が出現!ちょうちんの明かりに誘われて気の合う仲間と乾杯♪ 千葉市美浜区

  7990
  2020/1/22
シェア ツイート 送る

幕張メッセが主催する幕張新都心のイルミネーション2019/2020も、そろそろ終盤。

残りわずかな冬の夜を盛り上げようと「幕張新都心屋台横丁」が21日、JR京葉線の海浜幕張駅前で始まりました。

駅の南側に、キラッキラなイルミネーション☆彡

723202001221514120.jpg
改札口を出て、南口から降りていくと…なんせ、キレイです!

テーマは「光と鏡のアートイリュージョン」。

音楽と連動してミラーボールがきらめき、足元にも光が踊る美しさは、まさにアートです。
723202001221518580.jpg
ドームの中でいつまでも佇んでいたい不思議な空間。

万華鏡と桃源郷とサルティンバンコがいっぺんに降臨したかのような神々しさに、心が洗われます。
723202001221524390.jpg
この段階ですっかり心が満たされてしまいそうですが、今夜の目的は屋台横丁!

夕闇に包まれたプレナ幕張と三井アウトレットモールの間には、すでにちょうちんの明かりがともり始めています。
723202001221553370.jpg

北風が吹き付けるほどに、心はおでんを求めて…

723202001221554040.jpg
近代的な新都心の街並みに、あえてのレトロな屋台とちょうちん。

その新鮮な眺めに、会社帰りのサラリーマンや家族連れなどが次々に来店していきます。

屋台のラインナップはおでん、焼き鳥、串カツ、もつ煮、鉄板焼きなど10店舗。

和洋とりまぜて、地元幕張地域の飲食店をはじめとした出店に、ふらっと気軽に立ち寄れる懐かしい雰囲気が何よりのごちそうです!

この日は風が強く、日没とともに冷え込みもいっそう厳しくなり、グルメ部員FとKは「おでん食べたい!」と声を合わせて歩みを進めたのでした。

洋風メニューも充実の屋台メシに舌鼓♡

723202001221556420.jpg
1軒目は西千葉の「Cafè&Dinning Sorriso(ソッリーゾ)」。

トマトベースのイタリアンおでんが、目の前でいい感じに煮込まれているじゃありませんか。

赤&白ワインで、3種盛りをいただきました! 
723202001221604460.jpg
大根、ソーセージ、ベーコン、牛すじ、トマト…五臓六腑に染み渡りまくりです。

あったまる~~~~!

洋風おでん、かなりイケてます。

これはおうちでも晩ご飯にしてみたい!
723202001221606180.jpg
続いては「èvita(エ・ビータ)」で焼き海老と煮込みハンバーグ。

洋風メニューが続きますが、お酒は安定のハイボールで乾杯♪

焼きたてアツアツの海老と、柔らか~いハンバーグが、それぞれ絶妙なおいしさ。
723202001221609540.jpg
3軒目は「たこ秀」、シメはたこ焼きで決まり!

「乾杯セットメニュー」をお願いして、お酒はここでもハイボール。

大粒、ふわふわなたこ焼きは、テークアウトの注文がひっきりなしの大人気ぶりでした。

ノーマルとネギ増し、ともに間違いないうまさです。
723202001221612360.jpg

屋台でしか味わえないひとときがあるんだな、これが

723202001221614250.jpg
長椅子に並んで腰掛けて、隣り合った知らないひとと話が弾み、お店のスタッフとの距離もものすごく近い。

これはお一人様でも、楽しく飲んで食べてが当たり前になりそう。

イルミネーションは1月26日まで、屋台横丁は1月25日までの開催なのがもったいないほど。

今回の屋台横丁を運営する「r-223」はJR千葉駅前の「ちば富士見屋台横丁」も手がけていて、幕張新都心には初進出。

常設化も視野に入れているそうなので、次回はいつかな?と首を長くして期待しております!

屋台飲みって、何だかすごく楽しい♪と実感しながら家路に着きました。
ちばとぴ!グルメ部
ちばとぴ!グルメ部
千葉の“おいしい!”をレポートします♪
プロフィールや他の投稿を見る
このニュース記事をお気に入り登録:

シェア ツイート 送る

他のニュース記事

ロッテ本前のプロ初勝利記念グッズを発売開始へ!4月9日から受注販売!

2021/4/8    1062

ロッテ2022年ホーム外野応援指定席マイシートの販売開始!主催公式戦ゲーム及びセ・パ交流戦をライトスタンドの専用席で観戦可能

2021/12/11    770

ロッテ9月の試合日程ポスターに益田直也投手を起用。通算100セーブを達成した絶対的守護神

2020/8/24    996