ちばとぴ!タウン
ちばとぴ!タウン

南房総エリアミッション「隠れた絶景を探せ!」【目指せ54市町村!千葉県住みます芸人の勝手にガイドマップ】(33)長柄町 長柄町災害ボランティアセンター

  649
  2019/11/28
シェア ツイート 送る


長柄町でボランティア活動しました。

34201911231140440.jpg
皆さんこんにちば~!千葉県住みます芸人もぐもぐピーナッツのゴリラっぽい方うっほ菅原です。
今回取材した長柄町は、令和元年台風15号の影響で町内いたるところで倒木が発生。数か所でがけ崩れも発生しました。それにより町内ほぼ全域で停電となり、長いところでは復旧に2週間ほどかかり、屋根の破損もありました。更にはその後の台風21号に伴う豪雨被害で陸の孤島になってしまった地域です。
そんな長柄町に11月20日に僕とばっしーとマネージャーの三人でボランティア活動を通して体験したことを伝えていきたいと思います。

その前にボランティア活動する際は各市町村社会福祉センターで登録できる「ボランティア保険」に入りました。千葉県の被災地は社会福祉協議会にてボランティアを募集しますが、保険加入の有無の確認がありますし、安心して復旧活動できるように準備します。

出発するまでの流れ。

34201911231151580.jpg
活動するにあたり当日の天気も気になります。天気予報や、被災地の社会福祉協議会ホームページで募集要項を確認します。日に日にボランティア活動の需要が変わっていますので前日までに見ておきましょう。持ち物は、「すべて自己完結できる物」が前提で自己負担で現地には迷惑をかけない気遣いが必要です。汚れてもいい服装、手袋マスク昼食飲み物、自分のゴミは持ち帰ります。 
朝に受付を済ませたらボランティアの心得や注意事項の説明があります。「させていただく」の精神でなるべく被災者の気持ちを尊重し寄り添うことか重要です。その後、被災者の要望とのマッチングをします。数人でグループを組むのですが、僕らは15人グループに配置されました。木更津と千葉市から来た不動産関係の皆様、サーフィン仲間の方々、沖縄からボランティア休暇を取り参加している方、様々なメンバーが復興という一つの目的のもと、初対面で共同作業します。

被災直後

34201911291217430.jpg
34201911291221540.jpg

活動スタート!

34201911231219100.jpg
僕らに割り当てられた作業は、川の氾濫で近くの山で7カ所の土砂崩れがあり、大雨と一緒に泥が敷地内に流れ込み家屋の床上まで埋もれてしまった「泥の撤去作業」と「災害ごみの搬出」でした。
高齢のご主人「今井正則(イマイマサノリ)」さんは被災してから二週間以上も作業を続けていてとても疲弊されていました。一緒に遠くに住まれているご子息も手伝っていましたが、終わりの見えない気の遠くなるような作業だと思いましたが、明るい笑顔で迎え入れてくださいました。床上や床下にある泥土を掻き出し、土嚢袋に入れて台車でトラックに運び、一杯になったら残土捨て場に捨てに行きます。泥を掻き出したら高圧洗浄し清掃します。普段なれない作業ですので汗だくになります。泥をかぶってしまった家財道具は分別して、地域指定のごみ処理施設に運びます。(町の災害ゴミとして受け入れてもらっており個人の費用は発生しません。)
思い出の詰まってる家財道具もあるのでこれを機に断捨離しよう、とはすぐに気持ちを切りかえることは難しいので選別に時間をかけていらっしゃいました。
34201911231239080.jpg
34201911231240560.jpg

休憩を取りながら思いを聞くことに。

34201911231251460.jpg
昼休憩や移動を抜いたら作業時間は3時間ほどでしたが、15人で分担して共同作業をしてようやく少しかたずいたように感じました。家主さんから差し入れしていただき休憩していると、一緒に汗を流したので心が打ち解けあったようで皆に笑顔が出始めました。作業開始の時は独特の緊張感がありますので、打ち解けあってからは更に作業はスムーズになり活気があふれてました。

被災者の方は「助けてほしい」となかなか声を上げずらいという心情があると聞きます。なぜなら、同じ地域で被災していて「自分の所よりまだまだ大変なところが沢山あるだろうから」という気づかいが働くからです。だからこそ、現状を第三者として発信したり、直接声を聴いて伝えることが大切だと思いました。
家族や知り合いの方の手助けでは限界もありますし、できないことも沢山あります。ボランティアの方々も様々な思いをもって寄り添い参加しています。

まだまだ被災地は復興に向けて歩んでいる最中です。

大変な時は「お互い様」です。
普段は目には見えないし当たり前になってることが、人は助け合うことで生きていくという理想的な「人々の素敵な姿」が今回参加して改めて感じることが出来ました。

自分たちが今復興に対して何ができるか?深く考えて行動することが必要です。

長柄町の「隠れた絶景」がそこにあるとは思いもしませんでした。
34201911231324310.jpg
このニュース記事をお気に入り登録:
千葉県住みます芸人のチャンネル
千葉県住みます芸人のチャンネル
もぐもぐピーナッツ 千葉54市町村を、お笑い芸人目線で勝手にガイドマップ製作しております! 2018年4月結成ばっしー(左)うっほ菅原(右) 東京NS...
プロフィールや他の投稿を見る

シェア ツイート 送る

他のニュース記事

選挙に、行きましょう!!

2019/7/20    329

ロッテ伊志嶺引退グッズを販売。11月17日の引退セレモニーにあわせて

2019/11/11    318

ロッテ2019秋季キャンプ日程を発表!来季に向けて牙を磨く

2019/10/1    413

おすすめのブログ

31201902241436410.jpg
第3回女子美同窓会 千葉支部展のお知らせ
№1033 - 2019/2/24
303
320181216135732.png
「千葉県 40歳のW成人式 2019」の特設ページがで...
№631 - 2018/12/16
786
1
624201912091534140.jpg
ちばポが5ポイントたまる! 毎週日曜日は来店ポ...
№2739 - 2019/12/9
17
3201808062237580.png
映画『きらきら眼鏡』の応援バッジが登場
№86 - 2018/8/1
  585
5920190429124527.jpg
周年祭開催!2019年5月5日(日) 【各種イベント...
№1260 - 2019/4/29
  226
612201902101916050.jpg
ひらひらアオリイカ
№966 - 2019/2/10
455
2201910311025290.jpg
「地元で働きたい」「経験を活かしたい」 ミドル...
№2409 - 2019/10/31
1044
303201905112159270.jpg
茂原のまごころ食堂さんでボリューム満点ランチ!
№1297 - 2019/5/11
1154

ページTOP